株カブ!サーチ

自分なりの株式投資スタイル その1

株投資で基本になるのはできるだけ安価に銘柄を購入して高い状態で手放し利益を発生させる事を繰り返していくという事なので、長い目で見た時に将来的に値上がりが見込まれる銘柄を見つけ出す事を怠る事はできません。


そうした基本的な事柄を株式投資においては成長株や割安株と呼ぶのですが、それらをみきわめられるかによって株式投資により手にする事ができる利益に直結していきますし、見誤ればそもそも株式投資で利益を出す事さえもできなくなってしまいます。


成長株を見つけ出すためにみきわめのポイントになるのは業績が優れている上に、企業の成長率や規模といった価値の割に安価に提供されているいわゆる割安株です。
ただし、ポイントになるのはたとえ業績が良い状態で推移していたとしても、一時的に良い状態になっているだけでは成長株という事はできず、業績が安定かつ効率的に推移していれば成長株と考えて問題ありません。


そのような成長株と割安株のみきわめをする時に頼りになるのがファンダメンタル分析という名称の分析方法であり、初心者にとって銘柄を探し求める時に頼もしい判断材料になりますし、既に長年にわたり高額の金銭を投資しているベテランの投資家も日頃から利用している分析の方法です。


分析の時に元にする情報は、財務諸表という決算書であり記載されている内容と株価の評価を比較しながら分析をするというものです。


一方、ファンダメンタル分析と合わせて取扱されるのがテクニカル分析という分析方法なのですが、テクニカル分析はこれまで銘柄が記録してきた価値の変動の様子や、過去の記録と見比べを行い経験則を元にして今現在の価値が割安株であるのかを判断するという分析方法です。


ファンダメンタル分析とテクニカル分析はどちらか一方が優れている方法であるというわけではなく、全く別々なものなので慣れないうちは一方に頼るだけでも良いですが、慣れてきたら併用するとより一層利益が出しやすくなります。






銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2019年11月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2019年11月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1  (6件)