株カブ!サーチ

株取引の売買タイミングを考える

株式投資を行いたいと考えている方は少なくないものの、実際に金銭を投資して一歩を踏み出す事ができずに過ごしている方が多いのは、株取引の現場以外では耳にする事がない用語が多数見られ、難しく複雑に感じられているのではないでしょうか?



もちろん、利益が発生する仕組みとして大前提になるのは買うタイミングと売るタイミングに委ねられているので、用語や仕組みを理解していなくてもタイミングさえ間違いのないものであれば収益化させられるのは事実ですが、より一層踏み込んだ勝負を仕掛けたり安定的な収益化をする事は難しいです



そこで、株取引で安定的に収益化させるために知っておくべき数ある用語の中で、特に意識すべきなのが気配値という用語です
気配値というのは買う方や売る方が買ったり売りたいと考える値段の希望の値の事を指し、気配値という名称から買い気配や売り気配という名前で呼ばれています



いわゆる買い気配値というのは買い注文において値段が最高値にある事を指し、売り気配値というのは売る中で値段が最安値の事を指します
具体例としては手に入れる注文においての最高が1000円で売る場合の最安値が1010円であるという事例では、買い気配値が1000円となり売り気配値が1010円となります



そして、買い注文のみに限られていて売り気配が存在していない様子の事を買い気配と呼び、逆の状態にある事を売り気配と呼んでいたりヤリ気配という呼ばれ方がされています



そうした気配値に気を配って目を向けておく事により、売れる値段と買う事ができる値段についておおよその見当がつけられるようになるので、初心者が損失を出さないために重宝しますし熟練者も日頃から使っている方法です


また、買い気配と売り気配は近年増えているベンチャー企業などの上場で初期段階に大量の銘柄を買い求めておき、しばらくしてから手にした多くの株を手放す計画をしている時に特に重宝します。







銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2019年09月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2019年09月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1  (6件)